• 新しい健康づくりの聖地へ

  • 新しい健康づくりの聖地へ

    希少な自然炭酸泉温浴
    レストラン・ホテルの複合施設

    大分県竹田市直入
    自然炭酸泉で知られる長湯温泉
    「クアパーク長湯」

    クア(Kur)はドイツ語で「療養、保養のための滞在」、
    パーク(Park)は「公園のような広い土地」を意味します。
    クアパーク長湯は1Fが水着で入るバーデゾーン(BADE ZONE)
    温泉プールと50mの歩行浴、2Fに男女別浴室がある温泉棟。
    そしてレストラン棟、コテージタイプの宿泊棟からなる複合施設です。
    世界的建築家の坂 茂(Shigeru Ban)氏による木をふんだんに使った設計。
    4本の丸太が支え合うクアハウスの屋根のレシプロカル構造は、
    健康を支え合う4大要素を象徴しているかのようです。
    食事、睡眠、心身のケア・メンテナンス、人との
    やわらかなコミュニケーションで、よりよい明日へ。
    いにしえより湯治場として知られてきた長湯温泉で、
    心と身体に最高のご褒美を。

    新着情報

    クアハウス(温泉棟)のご案内

    • 営業時間 10:00~20:30(最終受付20:00)
    • バーデゾーン (水着着用)・内湯 (水着着用なし,男女別)
    • クアハウスご利用の方はエントランスでチケットをお買い求めいただいた後は、スロープを上がって2F更衣室よりご入場ください。
      更衣室から1Fのバーデゾーンまたは2Fの男女別内湯へお進みください。

    レストラン棟のご案内

    • クアレストラン
      営業時間 11:30~14:00/18:00~21:00(LO20:30)
    • ランチメニューと夜のメニューが異なります。
      地元野菜を使用し自然の恵みを堪能できる旬の味をお愉しみ下さい。
    • お子様メニューもご用意しております。
      カフェのみのご利用も頂けます。

    クアホテル・宿泊棟のご案内

    • チェックイン15:00/チェックアウト10:00
    • シングル2棟、ツイン12棟(うち8棟ロフトタイプ)のウッドデッキ付コテージ。
    CONCEPT

    設計コンセプト

    自然と一体となった建築
    自然の素材を生かした健康づくり

    この素晴らしい景観を生かし、四季折々の風景が楽しめる
    ランドスケープの中にゆったりできる、歩行湯を作りました。
    3つの施設は、木や再生紙を使った世界でも例を見ない独自の木造建築です。
    自然と一体になった建築が、自然の恵みを満喫できる
    素晴らしい空間をつくり出します。

    坂 茂(ばん しげる)
    建築家、慶應義塾大学環境情報学部教授
    1984年 ニューヨークのクーパーユニオン建築学部卒業
    2014年 建築のノーベル賞と言われるプリツカー賞
    2014年 フランス芸術文化勲章 コマンドール
    2017年 マザー・テレサ社会正義賞
    ACCESS

    アクセス

    大分県竹田市直入町長湯3041-1
    0974-64-1444

    ●公共交通機関をご利用の場合●
    ・大分自動車道「湯布院IC」より車で40分
    ・中九州横断道路「竹田IC」より車で20分

    ●お車をご利用の場合●
    ・大分空港より車で1時間30分
    ・熊本空港より車で1時間40分
    ・JR大分駅より車で1時間
    ・JR豊肥本線「豊後竹田」駅より車で20分

    クアパーク長湯 イメージ映像

    クアパーク長湯 50m歩行湯

    MEDIA

    メディア